体力なくてメンタル弱い私の働き方は普通の人に理解されない【発達障害メモ】

体力がないメンタル弱い発達障害の働き方 仕事

私は昔から就職しては辞めるを繰り返してきた。

体力がもたなかったり、コミュニケーションがうまく取れないせいでメンタルがもたないというのが原因だ。

最初こそ「私には根性がたりないんだ」なんて殊勝なことを考えていたけれどれ、転職回数が両手を使わないと数えられなくなったころになって、ようやく「私は普通の人に比べて体力的にも精神的にも弱い人間だったのか」と自覚したわけである。

自分は普通の人と同じように働いても駄目なのだと。

気づいた頃には、私もいい齢になってしまっていたのだが、それ以降は「自分に優しくするスタイル」で生きてきた。

「働く=フルタイム」という考え方は捨てて、自分の体力精神力でも耐えられるパートタイムを選択した。

もちろん、パートタイムだと時間が少ないから給料も減るので、生活費の見直しは必要になったのだが、もともとたいして物欲もなく、贅沢な生活をしたいとも思わない性分だったので、お金に困るということもあまりない。

安アパートに住み、時間があれば、こうしてブログを書いたり、図書館を利用して本を読んだりするから安上がりなものだ。

しかしである。

私自身はこの生活スタイルにわりと満足をしているし、この先もこうして過負荷なく生きていければいいと思っているというのに、普通の人たちは、そんな私をほっといてくれないのだ。

普通の人たちの考えは「働く=フルタイム」であり「パートタイムなんて主婦以外は許されない」なのである。

スポンサーリンク

発達障害の働き方は、ふつうの人には理解できない

私は一般枠で仕事を探しているので、周りの人には自分が発達障害だということは隠している(言ったら雇ってくれないからね!)

普通の人に擬態しながら働いているため、周りからは私も「普通の人」と思われている。

つまり、周りからみれば「いい歳をした働き盛りの大人が、どうして時短のパートタイムしかやってないの?」と疑問に思われるのだ。

普通の人たちというのは、どうしてなのか、他人の私生活がきになるらしい。

基本的に他人が何をしてようが全く興味のない私には、本当に理解できないのだが、初対面の相手から「本業は何やってるんですか?」といきなり聞かれたこともある。

そんなときは「は? パートタイムが本業ですが? というかてめーにゃ関係ねえだろうが」と言いたくなるのをこらえて「アハハ、ちょっと趣味的なことを〜」みたいに適当にはぐらかす。

それで誤魔化せればいいのだが、それでもしつこく聞いてくる鬱陶しいヤツがいるので「ブログの運営とかしてまして〜」みたいに言っておく。

そうすると、相手も「ああ、いわゆるブロガーみたいな?」と勝手に勘違いしてくれる。

まあ、このブログは気が向いたときにしか更新してないのだが、嘘はついてない!

そういえば、別の人からはなぜか「小説を書いている人なのかと思ってました〜」と言われたこともある。

なんでそう思われたかは謎である。

けど、その設定イタダキじゃね?

「パートの仕事をしながら小説家目指しているけど全然結果が出てない人」

これも「いい歳してそんなこと〜」と思われてしまうだろうけど、どうやら普通の人からすると

「パートの仕事しかしない大人」よりも「小説家を目指してパートの仕事をする大人」のほうがまだマシっぽい。

なぜかというと、普通の人は自分の中にある枠に当てはまらない意味のわからない存在を排除しようとする習性があるからだ。

「普通の人に見えるのにパートしかやらない大人」は“意味不明な存在”

小説家を目指しながらパートをする大人」は“ただのダメな人”として認識される。

そして「意味不な存在」よりは「ただのダメな人」のほうが社会には受け入れられるということなのだ!

まーじメンドクサイ。

「それなら普通の人に擬態するのやめなよ」とか言われそうだが、そしたらそもそも雇ってもらうこともできないので、どーしよーもない。

普通の人の社会って「私はこういう人ですよ」って名札をつけてないとダメなんだなぁ、というか、他人を気にしすぎだし「おまえら暇なんですか?」と言ってやりたい。

普通の人ってほんとメンドクサイなぁ……

コメント