発達障害

人間関係

職場の人間関係が悪いと自分に合った仕事でもすぐに辞めたくなるわけで【発達障害メモ】

発達障害は自分の適正に合った仕事じゃないと長続きしない。 それは他の記事で何度も書いてきたことだが、それじゃあ適正さえ問題なければ仕事は長続きするのかといえば「NO!」である。 「職場の人間」これは仕事内容と同じぐらい、いや、下手したらそ...
雑記

アスペの私が『コンビニ人間』を読んだら共感できすぎてヤバイという感想

発達障害の私が『コンビニ人間』を読んだら、共感しすぎて普通の人たちに対する憎しみとか増しましになってヤバイ。アスペの自分が普通の社会において異物扱いされているのだなと改めて実感できる。異物の観点で本の感想を書いてみた!
雑記

「集中力が続かないせいで本が読めない」発達障害な私の読書術

「発達障害の人って凄い集中力があるんでしょ?」みたいな認識をしている人がいるけれど、過集中の特性をもつ人なんて、一部の発達障害者だけであり、私なんてその真逆で、集中力がなさすぎて困ることばかりだ。 仕事中でも、それだけ集中しているなんてこ...
スポンサーリンク
人間関係

「もういいや」仲が良かった人でも一瞬で興味がなくなる私の精神構造がおかしくて困る

私がおひとり様である理由には二つある。 発達障害のせいで仕事を失敗するたびになんやかんや言われたり、価値観をどうのこうの言われてきたことによる「他人へのマイナスイメージ」がまず一つ。 そして、もう一つの大きな理由として、今までは良いと思っ...
考えかた

無理して普通の人と同じ生き方をしない。諦めることも発達障害の人生には必要だと思うのだ

上手くいかないことだらけの発達障害人生において、諦めない心というのは大切だと思う。 けれど、諦めきれずに抱えてるモノを潔く諦めるということも、ときには必要なんじゃないかと思うのだ。 こんなことを書いてると「諦めるなと言ったり、諦めろと言...
考えかた

「仕事が辛かったから辞めた」と言えない発達障害者の面接茶番劇攻略法

仕事が長続きしない私にとって、就職活動の面接はまさに鬼門である。 何も知らない人が私の履歴書を見たら、転職回数がやたらと多い問題のある人間としか映らないから、普通の人からすれば、そもそも仕事を辞める理由がわからないようだ。 だから「なん...
人間関係

自分を否定する親を子どもが憎むのは当然だよね?発達障害で恨まれている自覚がない親は度し難いな!

うちの親は何かにつけて子どもを否定する人間である。 とりあえず否定というのがデフォルトなのだ。 私が失敗すれば原因にも聞く耳持たずに叱りつける。 親の意図に反することがあれば「なんで言う通りにしないんだ!」と叱る。 私がよかれと思い自主...
考えかた

自分が「ふつうの人と違う」ことを自覚できるかどうかで発達障害の生きづらさは変わるよね?

他人の行動でちょっとおかしな違和感があると「こいつ変なやつだなぁ」と敏感に察知できるものだけど、それが自分のことになると、人間てすごく鈍感だと思う。 そういう私だって、自分がおかしいという自覚を持ったのは、成人して社会に出てから仕事やら人...
考えかた

余裕がない発達障害者だからこそ余計なものは捨てたほうが生きやすい!

世の中には「たくさんもっている」ことが「善」みたいな風潮があると思う。 お金とか、友達の数とか、趣味とか、キャリアとか、まあいろいろ持ってることは良いことだ!みたいな。 だからみんな、こぞって色々なものを欲しがって挑戦しようとするわけだ...
人間関係

他人に人格否定される発達障害だからこそ、共感できないことを否定するのはやめようと思った

発達障害やってると、なにかと他人から否定されることが多いものだ。 それは親だったり職場の同僚だったり、ともかく色々な人から否定される。 やれ仕事で失敗したり長続きしなければ「やる気が足りない」とか「忍耐力が足りない」とか。 やれ人間関...
スポンサーリンク