人間関係

発達障害に気づかない親に否定されて育った子供は劣等感を植えつけられる

子どもの発達障害に親が気づかなかった場合、その子供は人生で多くのものを失うことになるだろう。叱られ否定されて育った子供は劣等感を植え付けられ、終いには親を恨みさえするようにある。親が子供の欠陥を認めることがどれだけ重要かについて書く。
仕事

発達障害持ちに自己分析は必須!仕事の適正を失敗の経験から学ぼう

発達障害者は自分の適正を分析せずに仕事を選べば高確率で失敗する。 これが私の人生で手痛い経験と共に学んだ教訓である。 普通の人だって向いてないことをすれば失敗するのは当然であるが、発達障害をもつ人間は、普通の人にくらべて、向いて...
考えかた

発達障害の人生が虚しくて「なにもかもどうでもいい…」という心の隙間を埋める方法

発達障害のせいで失敗だらけの人生が虚しくて「もうなにもかもどうでもいい」と感じてしまったとき、投げやりになったり自暴自棄のように散財したところで心の隙間は埋まらない。空虚な気持ちは消費行動で消すことはできないのだ。心の穴を埋めるためにはどうすればいいのかを考える。
考えかた

発達障害グレーゾーンの人は「自分の異常を証明できない」ことが辛いのだ

発達障害とは本当に厄介なものである。 社会生活の妨げるとなるような症状もさることながら、軽度の発達障害の人、いわゆるグレーゾーンの人は、明らかに普通の人とは違っているのに『自分が発達障害だと証明することができない人』である。 仕事で...
考えかた

普通の人から見れば”無能”という現実、発達障害者「何もできない」という無力感をどうやって克服すべきか!?

普通の人が簡単にできることもできないせいで、自分は無能で、何もできない人生に意味なんてないんじゃないかと考えてしまいそうになる。それじゃあ発達障害を持つ人が無気力感に負けず人生に意味を見つけるにはどうすればいいのかということを考える。
仕事

イレギュラーに弱すぎる私の出来損ないな脳みそ!発達障害に向いている仕事と向いてない仕事

発達障害な私の脳みそは出来損ないである!マルチタスクも苦手なら、イレギュラーな画面に直面すると思考停止のフリーズ状態!「それじゃあ自分に向いている仕事ってなんだ向いてない仕事ってなんだ!?」というのを考えてみた。
人間関係

他人が嫌いすぎで自己愛が強すぎる私!こんな生きづらい性格になった原因を考えてみた

一人でいるのが好きな人を「お一人様」なんていうけど、私はそんなレベルを飛び越えて「他人が嫌い」なのである。アスペだ自己中だ人格障害だと言われる私が、どうしてこんなに自己愛の強い人間になったのか考えてみた。
人間関係

親が子どもの発達障害に気づかない家庭は親子関係が崩壊するよね

発達障害をもつ子供の人生に一番大きな影響を与えるのは「親が子供の発達障害に気付けるか、理解できるか」ということである。親子の理解がどれだけ大切か、それがなかった我が家の悲惨な結末について書く。
仕事

発達障害の人は自分の適正を理解しろ!向いてない仕事に就くと鬱になるぞ!

発達障害の人は自分の適正を考えずに仕事を選ぶと確実に失敗する!できない仕事を無理して頑張ったら鬱になった自分の経験を元に、発達障害の人が仕事選びを失敗したらどうなるのか、どうすれば自分に向いている仕事が見つかるかについて書く。
スポンサーリンク