「週5のフルタイムで働くの辛くて無理」という発達障害の人は週4で働く考えを広めたい!

週5のフルタイムは無理な発達障害者 仕事

発達障害の人は普通の人に比べて疲れやすい傾向がある。

同じ仕事で普通の人が平気な顔して働いていたとしても、私たち発達さんにとっては負担が大きすぎて耐えられないのだ。(普通の人には理解されないが)

神経過敏だったり、失敗しないように常に気を張り続けたり、失敗したり怒られたりすることで、ストレスを感じやすい。

ストレスに晒され続けるせいで精神が消耗すれば体力も落ちる。けれど月曜から金曜まで毎日、朝起きて電車に乗って夜は疲れて帰ってくるというのを繰り替えさなければならない。

そんな中で、私が常々疑問に感じることがある。

それは「なんで無理して週5で働かないといけないの?」ということである。

日本人の考え方って「家庭がある主婦以外は週5のフルタイムで働くのが当たり前、そうじゃなきゃ怠け者」ではないだろうか?

けど、これって普通の仕事に耐えられる普通の人たちに当てはまることであって、疲れやすい発達障害の人にまで当然のように適用するのはおかしいのではないだろうか?

発達障害の人間にフルタイムは辛いのでは?

学生の頃に授業でマラソンをしたのを覚えているだろうか?

当たり前のことだが、体力のある人とない人でタイムに明確な差が出る。

もしも「平均タイムを下回った人は失格」というルールが付け加えられていたら、体力のない人は足切りされて完走することもできなかっただろう。

「体力には個人差があり、全員が同じペースでは走れない」

「体力のない人はペースを落としたり、途中で休憩する必要がある」

こんなことは言われるまでもなく、誰だってわかっていることだ。

だから自分のペースで走ることが許される。

それだというのに、なぜか労働に対してはそれが許されない。

週5のフルタイムで働くこと以外許されない。

いや、許されないというよりも、それ以外の発想がないのだ。

それは普通の人だけではなく、発達障害の当事者でさえ「フルタイムで働かなければいけない」と思い込んでいる。

「社会人は週5のフルタイムで働かなければいけない」という固定観念が植えつけられているようだ。

「働く=週5のフルタイム」という風潮が生む弊害

「体力がない人は他の人と同じペースで走れない」というのは理解できているはずなのに、どうして労働においてもその考えが持てないのだろうか?

周りの人よりも疲れやすいからフルタイムで働くのは辛いと言ったところで「そんなのは甘えだ!社会人ならそれぐらい耐えろ!!」と言われてしまう。

こんなの、頭の悪い体育教師が体の弱い生徒を無理やり走らせるのと何が違うのだろうか?

「他の人は頑張ってるんだから」とか同調圧力

必ず出てくるのが、自分よりも働く時間が少ない人に対して嫌味を言ってくる人間である。

「私たちだってやってるんだから、あなたも頑張りなさいよぉ」のように、集団になると発揮される同調圧力

けど、だったらお前らも私たちと同じ境遇になってから、もう一度同じ台詞を言ってみろといいたい。(無理な話だが)

いや、周りの人がフルタイムで働きたいなら、別にそれはその人の買ってなので、どうぞ好きなようにしてくれたらよい。

問題なのは「それが辛い人にまでどうして無理強いするの?」ということである。

なんで人類全てが週5のフルタイム勤務に耐えられる体力と精神力を兼ね備えているのを前提にしているのだ。

求人情報を探しても、正社員、契約社員、派遣社員、など、社員と名がつく募集は当たり前のように週5のフルタイムが勤務条件となっている。

給料を減らしてもいいから週4で働きたいという人は世の中に沢山いそうなのに、そんな求人は見たことがない。そんなのパートタイムだけである。

いや、パートタイムですら、私が面接に行ったら「どうしてフルタイムでは働かないの?」と不審そうに聞いてくるのだ。

だめか?私がパートタイムで働いたらだめか?お前らはそんなに私をフルタイムで働かせたいのか?

正当な理由がなければパートタイムすら選ばせてくれないのが日本社会なのである。

けどここで「発達障害で長時間は辛くて…」と答えたりなんかしたら、異常者扱いされて面接落ちは確実である。

だから他にもやりたいことがるとかないとか、適当に誤魔化さないといけないのだ。

まったくもって度し難い!

週の間に1日休みがあると全然違う!

「体力がないせいで長時間勤務に耐えられず仕事が長続きしない」

「ストレスに弱くてすぐに仕事を辞めてしまう」

こうした悩みを抱えている人は沢山いるはずだが、これだって働き方を少し変えることができれば、ずっと楽になるはずだ。

週4で働くことができれば、間に1日の休息を取ることができるし、週5でも1日の勤務時間を2時間程度減らせば、蓄積する負担を減らすことができる。

「あと5日、あと4日、あと3日…」

月曜の朝から次の土曜までカウントしながら毎日通勤をするのはしんどい。

けれど、間に1日休みがあるとすれば「あと2日」でいいのだ。

終わりが見えていれば人間は多少辛くても頑張れる。

5日は耐えられなくても、2日なら耐えられる。

この1日が、体力のない人にとってはとても重要な息継ぎポイントになる。

弱い人が働きづらい社会

現状「普通の人よりもちょっと体力がない人」というカテゴリが社会には認められていない。

フルタイムに耐えられない奴は打ち捨てられるのは当然という社会である。

世の中には、週5で働くことに耐えられず「もう働くこと自体無理だ」と働くことそのものを諦めてしまっている人がいるだろう。

その人には「週5のフルタイムで働く」or「働くのを諦める」の2択しかないのだろう。

けど、もしもその人に「週4で働く」という選択肢があれば、全てを諦めるよりもずっと良いのではないだろうか?

企業の求人には障害者枠というのもあるけど、障害のある人を普通の人と雇用条件で働けるようにするのもいいが、障害のある人が無理なく働ける雇用条件を作ることも考えてほしいものだ。