考えかた

考えかた

発達障害グレーゾーンの人は「自分の異常を証明できない」ことが辛いのだ

発達障害とは本当に厄介なものである。 社会生活の妨げるとなるような症状もさることながら、軽度の発達障害の人、いわゆるグレーゾーンの人は、明らかに普通の人とは違っているのに『自分が発達障害だと証明することができない人』である。 仕事で...
考えかた

普通の人から見れば”無能”という現実、発達障害者「何もできない」という無力感をどうやって克服すべきか!?

普通の人が簡単にできることもできないせいで、自分は無能で、何もできない人生に意味なんてないんじゃないかと考えてしまいそうになる。それじゃあ発達障害を持つ人が無気力感に負けず人生に意味を見つけるにはどうすればいいのかということを考える。
スポンサーリンク