考えかた

考えかた

発達障害の人にとって重要なのは収入を増やすより出費を減らすことである

「お金がないせいで人生がつまらない…」とか「お金があれば自分だってもっと幸せになれる」というふうに、お金で自分の幸福量を測る人は多い。 それが大多数の価値基準であることは否めない。 だから、たくさんの人が「年収◯◯◯万以上になり...
考えかた

発達障害は「当たり前ができない」ということを周りの人から理解されないことが辛い

発達障害の辛いところは、普通の人から理解されないことだ。職場では「どうしてそんなミスをするんだ!?」と上司から怒られるのし、日常生活でさえ、家族や友人からも些細な失敗から「どうしてそんなことするの!?」と言われてしまう。小さな失敗を繰り返すことで弱っていく心を支えるにはどうすればいいか考える。
考えかた

「発達障害のせいで上手くいかないから何もしたくない!」成し遂げられない人生をどう生きるべきか?

発達障害で失敗ばかりしていると「どうせ上手くいかないのだから、もう何もしたくない」という気持ちになる。苦しい思いをするのは嫌だ、しかし何もしないことが幸せなのだろうか?何かを成し遂げることができない発達さんが、どう生きるべきなのか考える。
スポンサーリンク
考えかた

発達障害者が自分を守るには、辛い仕事から逃げることも必要なのだ!!

「仕事が辛くてもう逃げたい」と考えるのは悪いことだろうか?周りの人が耐えられるからって、自分が平気だということにはならない、ストレスに弱い発達障害の人であれば、なおさらである。弱い人間が自分の身を守るための考え方について書く。
考えかた

贅沢できないことが不幸なのではなく、他人と比較することが不幸の元なのだ【発達障害メモ】

発達障害の人間は仕事の選択肢が少なく高収入の仕事とは無縁である。普通の人より収入が少ないことにコンプレックスを持つ人もいるが、惨めな気持ちになるのは給料だけではなく価値観に問題があるからだ。発達さんが自分を貧乏で惨めだと感じてしまう原因について考える。
考えかた

「発達障害は個性」なんて綺麗事が許されるのは子供まで!社会は受け入れてくれないのが現実

「発達障害は個性であって障害じゃない」なんて綺麗事を言う人がたまにいるが、個性で許されるのは子供までだ。社会に出れば雨通用しないというのが私自身が経験してきた経験による結論だ。発達さんが厳しい現実を生きるには発達障害をどう受け止めるべきなのかを考える。
考えかた

「発達障害の自分にできることなんてない…?」人生に行き詰まったときは色々やってみるしかない

「自分にできることなんかないんだ!もうどうしたらいいかわからない!」発達障害の人生は行き詰まりの連続だ。どうにかしようと挑戦しても壁に阻まれて失敗してしまい、選択肢がどんどん消えていく。自信の喪失と無気力感に目の前が真っ暗になってしまったとき、発達さんがその状況を打破する方法について書く。
考えかた

発達障害が失敗するのは当たり前!くよくよ悩まず「まあいっか」で失敗を引きずるな!

発達障害のせいで普通の人より失敗しやすいせいで、一つの失敗をくよくよ悩んで引きずってしまう。失敗が頭から離れないときはどうすればいいのか?柔軟に考える方法について書く。
考えかた

「発達障害の自分は無価値な人間だ…」なんて自分の価値を否定してはいけない!

発達障害がもって生まれたあなたが、これまでの人生で「失敗した」「上手くいかなかった」「他人に馬鹿にされた」そういった経験は1度や2度ではなかったはずだ。 かく言う私も、これまで挫折や失敗を経験するたびに、自分に対して失望してきた。 ...
考えかた

発達障害の人生が虚しくて「なにもかもどうでもいい…」という心の隙間を埋める方法

発達障害のせいで失敗だらけの人生が虚しくて「もうなにもかもどうでもいい」と感じてしまったとき、投げやりになったり自暴自棄のように散財したところで心の隙間は埋まらない。空虚な気持ちは消費行動で消すことはできないのだ。心の穴を埋めるためにはどうすればいいのかを考える。
スポンサーリンク