考えかた

考えかた

「心の支えが欲しい…」発達障害で心が折れそうなとき本に救われることもある

なんの迷いもなく自分を信じて生き続けられる人なんてのはそうそういないと思う。 とくに私たちのような発達障害者は、挫折や苦悩によって自分の人生に疑問をもたずにはいられないのではないだろうか? そして、発達障害という理不尽に翻弄され続ければ精神...
考えかた

発達障害者に努力は難しい?長続きしないやる気を維持する方法について

発達障害者とは普通の人より努力に向かない傾向にあると私は思う。 なぜかといえば「成長が遅く成果を実感しづらい」からだ。 なんか世間では「発達障害の人は興味のあることに対してものすごい集中力を発揮するんだよね!」みたいな認識をしている人がい...
考えかた

嫌なことを忘れる方法とは?発達障害の失敗を引きずらないためにどうすればいいか

私は毎日なにかしらの失敗をしている。発達障害と失敗は切っても切れない間柄だ。 問題なのは、その失敗した嫌な記憶が忘れられず、長いあいだ引きずってしまうということだ。 悩みグセがある私は、日頃から脳の容量の大半を悩みにつぎ込んでしまっている。...
スポンサーリンク
考えかた

「どうして自分だけこんな目に合わないといけないんだ!?」発達障害という不幸な境遇と向き合うことについて考える

発達障害者をやってると、たまに自分の境遇にものすごい不満を感じるときがある。 私たちの発達障害者は自らの意思とは無関係に与えられた理不尽であり、そのせいで苦悩が多い人生を送ることになる。 「どうして自分は普通に生まれなかったのか」 「...
考えかた

発達障害のせいで「人生詰んだ…」と絶望したときはどうするべきか考える

発達障害のせいで仕事がうまくいかず転職回数が増えるたびに「もう後がない…」という気持ちになる。 じわりじわりと崖に追い詰められているような感じだ。 「もし今の仕事が無くなってしまったら、もうどこにも雇ってもらえないかもしれない。そうなれ...
考えかた

発達障害で完璧主義だと生きづらい!不完全な自分を許容しよう

発達障害で仕事の失敗をしてしまったり、対人関係でトラブルを起こしてしまったとき、自分が嫌になってしまったことはないだろうか? 「どうして自分はこんな事もできないのだろう…」 「どうしてあんな事をしてしまったのだろう…」 後から自分の行...
考えかた

発達障害の人にとって重要なのは収入を増やすより出費を減らすことである

「お金がないせいで人生がつまらない…」とか「お金があれば自分だってもっと幸せになれる」というふうに、お金で自分の幸福量を測る人は多い。 それが大多数の価値基準であることは否めない。 だから、たくさんの人が「年収◯◯◯万以上になり...
考えかた

発達障害は「当たり前ができない」ということを周りの人から理解されないことが辛い

発達障害の辛いところは、普通の人から理解されないことだ。職場では「どうしてそんなミスをするんだ!?」と上司から怒られるのし、日常生活でさえ、家族や友人からも些細な失敗から「どうしてそんなことするの!?」と言われてしまう。小さな失敗を繰り返すことで弱っていく心を支えるにはどうすればいいか考える。
考えかた

「発達障害のせいで上手くいかないから何もしたくない!」成し遂げられない人生をどう生きるべきか?

発達障害で失敗ばかりしていると「どうせ上手くいかないのだから、もう何もしたくない」という気持ちになる。苦しい思いをするのは嫌だ、しかし何もしないことが幸せなのだろうか?何かを成し遂げることができない発達さんが、どう生きるべきなのか考える。
考えかた

発達障害者が自分を守るには、辛い仕事から逃げることも必要なのだ!!

「仕事が辛くてもう逃げたい」と考えるのは悪いことだろうか?周りの人が耐えられるからって、自分が平気だということにはならない、ストレスに弱い発達障害の人であれば、なおさらである。弱い人間が自分の身を守るための考え方について書く。
スポンサーリンク